ようこそ、生長の家広島県教化部のウェブサイトです。

FrontPage

生長の家広島教区教化部長 橋本 定子

 合掌 ありがとうございます。
 今年の夏は猛暑が続き、8月にはコロナ感染が急拡大して県内では6000人を超える感染者が報告されていますが、会員の皆様はお元気にお過ごしでしょうか。日頃より光明化運動にご理解とご協力をいただいておりますことを厚く感謝申し上げます。
 本年も宝蔵神社盂蘭盆供養大祭のための霊牌を沢山提出いただき、ありがとうございました。霊牌は教化部大拝殿にて3回に分けて招霊供養させていただき、宇治別格本山にて招霊奉安され来年の大祭まで1年間、宝蔵神社の霊殿に祭祀し、御霊の浄化向上の為、毎日聖経を集団読誦して真理の言葉の供養がなされています。これからも顕幽相携えての運動を進めて参りましょう。
 今年は、ロシアの違法なウクライナ侵略によって、新しいPBS活動が行われています。幹部・会員の皆様は本部から示されたPBS活動を良くご理解いただき、"神の子の同胞"としての一体感を表現し、激励する運動―PBS支援イベント「ウクライナに平和を」の「P4Uリレー」に多くの方々が参加いただき、募金に協力いただいておりますことを重ねて感謝申し上げます。私たちは、このような愛行実践によって、"愛"は霊的次元の存在であるが故に、愛を与えるとき、与えながら自己が減ることなく自己が増大し拡大することに学ばせていただきます。なお、本部の通達により、ウクライナ支援イベントの第1次実施期間を8月22日までとし、8月23日から第2次を実施することになりました。広島教区では、第2次「P4U」のスタートとして、23日にイベント「ウクライナ国旗の日パレード」を行うことにしました。コロナ感染防止対策を取って14名の参加者がウクライナ国旗を付け、「しまなみ海道」を自転車でパレードし、2カ所で募金を実施します。
 そして、9月から各組織が新体制でスタートします。改選の結果、神様から選ばれた広島教区の各組織の長をご紹介します。白鳩会教区連合会長は橘髙千加子様、相愛会教区連合会長は近藤静夫様、青年会委員長は清水はる香様、地方講師会長は伊木秀明様、栄える会会頭は浦上保様、生教会会長は清水洋光様です。素晴らしい6者の長が揃いました。これからも各組織・幹部・会員の皆様が仲良く調和して"新しい文明"の基礎を作る運動を進めてまいりましょう。どうぞよろしくお願い申し上げます。再拝

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional